HOME > 寄稿 > 天野さんからのメール 2016

< 新しい記事 | HOME | 古い記事 >

天野さんからのメール 2016
[寄稿]
はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。
わたしは天野(仮称)と申しまして、北海道生まれの現茨城県在住の者です。

つい昨日、一昨年亡くなった祖父の軍歴票から所属部隊の名前を知る機会があり、そこからみつや様の記事の咲間進さんの記事に辿り着きました。
ひょっとしたら何かつながりがないかと祖父の戦中のアルバムを見ていたら、今まで四隅が留まっていて裏を見ることのなかった集合写真が偶然めくれ、裏に咲間進さんの名前があったので、連絡をさせていただいた次第です。


祖父の名前は武田平八郎と申しまして、同じく昭和14年召集、輜重兵として第二野戦瓦斯第十三中隊に一年ほど所属していたようです。
集合写真とその裏の氏名の並びからすると祖父平八郎が後列右から二人目、咲間進さんは前列一番左と思われます。
写真の脇には「支那上陸当時の我内務班二十名」とあります。

(表面1)


(裏面)


祖父・平八郎からは、戦中の話は当たり障りのない話と、たいしたことなく北海道に戻った、という話を聞いたものでした。(ガスの話は一切なく、叔父(祖父長男)もガスの話は聞いたことがないということでしたが、語らずに墓に持って行ったのかも知れません)

その当たり障りのない話の中で、戦中の写真を収めたアルバムの皮製ケースは、馬の係りだった鞄屋から革製品の作り方を教えてもらって作った、という話があるのですが、咲間さんの手記の「戦中のお守り(2)」の末尾に、当時世話していた馬、とあったので、もしかすると、咲間さんは鞄屋か、皮を取り扱う仕事をなさっていたかどうか、ご存知ありませんでしょうか?

また、何か中隊や班の仲間について語っていたことはありませんでしたでしょうか?
とはいえ、祖父にしても、アルバムの写真見ながらの解説程度にしか仲間内の話はなく、咲間さんの写真についても、確認できる中ではどうやら上記集合写真のみのようでしたが…。

長文と質問ばかりで申し訳ありませんが、もし何かご存知のことありましたらお聞かせいただければ幸いと存じます。どうぞ宜しくお願いいたします…。


[寄稿]

Edited by じゅんか 2019-04-01 09:07:19
Last Modified 2019-06-03 11:45:48

< 新しい記事 | HOME | 古い記事 >


お問い合わせ
Copyright © 2009-2019 press328.com. All Rights Reserved
Produced by Press328.com