HOME > コラム > はじめに

< 新しい記事 | HOME |     

はじめに
[コラム]
私が咲間さんに会ったのは、2005年の夏のことだった。
梅の木の下に座っていた姿をなぜだか今でもはっきりと覚えている。
そのころ 私は 北海道に来て間がなく 近所の人のこともあまりわかっていなかった。

あれから もう4年たつ。
咲間さんは わたしの隣人である。
大正7年生まれで91歳。けれども それより幾分若く見える。

ひょんなことから 話すようになり、この冬はたびたび咲間家におじゃました。
咲間さんは足が 不自由だ。
杖なしで歩くことができない。

咲間さんは第2次大戦中に兵隊に行っていた、というから
私はてっきり 戦争中に負傷したのだと思っていた。

でも、そうではなかった。
咲間さんは 第2次大戦中、日本で最初の毒ガス部隊に配属された。
そして その訓練中に 旧日本軍が秘密裏に使用していた毒ガス「イペリット」と「ルイサイト」を塗布されたのだ、という。
「イペリット」「ルイサイト」いずれも猛毒のガスだ。
ゴム手袋だって通してしまうし、蒸気を吸っただけでも 肺がただれて死んでしまうくらいの猛毒だ。
それを塗られた?
敵でなく味方に?

どう言うことだか よくわからない。
私は咲間さんの話をもっと聞きたい、と思ったのだった。

咲間さんは80歳になるまで黙っていた。
毒ガスの使用は 国際法違反である。
従って 当時の軍隊では 毒ガスについて
「話してはならない、書くことは決してしてはならない」としていた。
咲間さんは それを守り、家族にも黙っていたそうである。

一方で 毒ガスを塗られた足は年月とともにひどく痛みだし
家族からも隠れて  医者に通う日が続いた。
ついには歩行に困難を来すようになった。

80歳になったとき、咲間さんは  自分の毒ガス体験についての投稿記事を書いた。
それは思わぬ反響を呼び、遠く本州のあちこちから 訪ねてくる人がいたそうである。

それで より明らかになった。
イペリットやルイサイトの後遺症は 決して直らない。
そして、咲間さんが苦しんでやまなかった足の痛みは やはり毒ガスのせいだった。



ここからは 私が書くのはおかしいな...。
咲間さん自身が平成19年に書いた手記を 別ページにアップすることにする。

また、北海道新聞に掲載された記事も参照されたい。
参考資料/北海道新聞の投稿
http://www5.hokkaido-np.co.jp/syakai/senkanokioku/no03/01.php3

毒ガスの話を聞いて 私はショックだった。
なんでかわからないけど すごくショックだった。

憑かれたように ネット上で検索して 旧日本軍の毒ガス使用のこと、
元兵士の人が書いた大戦中のできごとを読み続けた。
なんだか 気になって 眠れなかった。


私は第2次ベビーブーマーで
新興住宅地の 核家族で育った。

したがって 戦争のころのできごと、というのは
「本で読んだこと」「テレビで見たこと」「学校でならったこと」である。


隣に住んでいる人から 直接実体験を聞く、というのは全然違うことだ。
私にとっては そうなのだ。

「戦争の悲惨さ」というのは 既に語られ尽くしたのか、とも思ったし
いかにショックを受けたとはいえ、
咲間さんに質問を投げずにはいられない私自身の中に「野次馬根性」を感じて恥ずかしくなる事もある。

しかし どうも気になる。

そして 私はまもなく 転居せねばならないし 咲間さんからの詳しい話を聞くチャンスは激減する。

その前に 咲間さん自身の体験と思いを詳しく聞いてもみたかったし
また、私自身の感想も書いてみたい....
そして web上で公開したい、という衝動を抑えることができず 咲間さんに諒承を得た。

はじめ 私は咲間さんのお話を書き起こすつもりでいたのだけれど 咲間さん自身がすでに書きためておられた原稿がありましたので 「手記」は咲間さん自身の原稿をそのまま掲載しています。(原文は長文なので 「小見出し」だけ私がつけています)


[コラム]

Edited by じゅんか 2009-06-01 00:01:38
Last Modified 2009-08-06 03:53:45

< 新しい記事 | HOME |     


お問い合わせ
Copyright © 2009-2013 press328.com. All Rights Reserved

Produced by Press328.com